四国(香川、愛媛、高知 徳島)を中心にグローカル、世界に目を向けグローバル 366 GPS APS

香川県、徳島県、愛媛県、高知県を中心にグローカル、世界に目を向けグローバル 366 GPS APS 四国地方

カテゴリ: 瀬戸内国際芸術祭

島時間(香川 岡山) アートにひたる 瀬戸内国際芸術祭2016〈春会期〉
瀬戸内芸術祭 aa

20日に開幕した現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭2016」には、国内外のアーティストによる新たな作品がそろった。島々を巡るアートファンを魅了するのは地域の独自性。瀬戸内の自然や古い建築物に溶け込むようにたたずむ作品は、それぞれの島の風土や伝統文化を映し出している。

 春会期の会場は直島(なおしま)、男木島(おぎじま)、女木島(めぎじま)、沙弥島(しゃみじま)、小豆島、大島、豊島(てしま)、犬島の香川、岡山両県の8つの島と、高松港(高松市)、宇野港(岡山県玉野市)の二つの港。160点のアート作品が公開されている。

 芸術祭は3年ごとの開催で3回目。それでも、路地を曲がったその先や、島で出会った人たちを通して新しい発見が待っている。参加アーティストの五十嵐靖晃さんは「芸術祭は3年に1度の再会の場。島の人たちに怒られたり、昔話を聞かせてもらったりして島の姿がみえてくる」と話す。

 使われなくなった倉庫や旧校舎、空き家の一室を彩る空間芸術に、畑の中に現われた巨大な造形物…。そんなアート作品と静かに向き合うと、そこに暮らす人たちと島の時間の流れを感じさせてくれる。

              ◇

【アクセス】 春会期の島々への移動は高松港、宇野港、宝伝港(岡山市、犬島のみ)が出発地。芸術祭期間中、高松?大島など香川県の島に向かう5つの臨時航路も開設されている。神戸-坂手(小豆島)など関西から直接島に入る船便もある。3日間のフェリー乗り放題乗船券は大人2500円など。

【グルメ】 今回の芸術祭は「食」も重点テーマ。開催前に行われた「『食』のフラム塾」で地元食材や郷土料理などを学んだ料理人らが瀬戸内ならではの創作料理を提供、島のレストランなどで楽しめる。

【イベント】 春会期中、振り付け師の廣田あつ子と中村恩恵によるパフォーマンス(直島、4月2日)▽オーストラリアを拠点に活動するスナッフパペッツの巨大人形劇(沙弥島、4月9日)▽劇団道化座による壺井栄の「大根の葉」の舞台上演(小豆島、4月15、16日)-など多彩なイベントがある。

【作品鑑賞パスポート】 一般5千円など(春・夏・秋の3季通して使用可能)。問い合わせは、芸術祭総合インフォメーションセンター(電087・813・2244)。


香川 <アートがつなぐ>瀬戸内国際芸術祭’16 開幕 島々で祭典、一色に
瀬戸内国際芸術祭 gazou 2

「瀬戸内国際芸術祭2016」が始まった20日、サンポート高松(高松市)や沙弥島(坂出市)、宇野港(岡山県玉野市)などではセレモニーなどが行われ、3年ぶりの現代アートの祭典の開幕を盛り上げた。港からは人々を満載した船が会場となる島々に向けて次々と出航。瀬戸内海はアート一色となった。

 高松市のサンポート高松で開かれた開会式では、獅子舞演舞などオープニングアトラクションがあった。芸術祭実行委会長の浜田恵造知事は「みんなで楽しみましょう」と開会宣言。メタルテープが多数吹き上がり、大きな歓声と拍手が巻き起こった。

 坂出市の沙弥島会場であったオープニングセレモニーでは与島地区の5島の住民たちが、各島の伝統芸能を来場者らに披露。小中学生が「子ども獅子」を勇壮に舞い、大きな歓声が上がった。

 また、会場には、部屋一面の塩に特産の金時ニンジンを置いた作品や、広場に小山を造成した作品などユニークなものが並んだ。

 松山市から家族で訪れた医師、沢田直哉さん(40)は「美術館で見る作品と違い、自然の中にあるのが良い。自然と調和していて、見ていて楽しい」と話していた。

 ◇オブジェ展示、岡山でも

 瀬戸内国際芸術祭の会場の一つである岡山県玉野市の宇野港周辺でも、放置自転車を使用したアートやオブジェなどが展示され、訪れた人たちの興味をひいていた。

 岡山市在住のファッションデザイナー、山本哲也さん(42)が手掛けたインスタレーション(空間芸術)作品「哲子の部屋」では、布製の絵の一部を取り外すと女性服になる「絵になる服」や、ゾウの体の一部を模した「動物の服」といった奇抜な衣類や靴など約40点が並んだ。


//////
<瀬戸内国際芸術祭>開幕 島など舞台に226組が参加

香川、岡山両県の12の島などが舞台の現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭2016」が20日、開幕した。3年ごとの開催で3回目。34の国・地域から226組のアーティストが参加(開幕時点)する。

 会期は▽春=20日?4月17日▽夏=7月18日?9月4日▽秋=10月8日?11月6日??の計108日間。前回は107万人が訪れた。

 瀬戸大橋近くの沙弥島(香川県坂出市)では、地元の漁師らと編んだ漁網を使った「そらあみ<島巡り>」などを展示。虹のように豊かな色彩が、島に人々をいざなう懸け橋になる。
//////
<アートがつなぐ>瀬戸内国際芸術祭’16 12の島々、創造空間に 春会期あす開幕 /香川


 香川、岡山両県の12の島々を中心にアート作品を展示する「瀬戸内国際芸術祭2016」は20日開幕する。春会期(20日?4月17日)、夏会期(7月18日?9月4日)、秋会期(10月8日?11月6日)の計108日間開かれ、世界34カ国・226組(開幕時点)のアーティストが参加する。開幕を目前に各アーティストによる準備作業が最終段階を迎えている。

 会場の一つである小豆島では、メイン作品の一つ、台湾出身のアーティスト、王文志さんの「オリーブの夢」(小豆島町中山)が完成し、このほどお披露目会があった。

 オリーブの夢は地元住民らが切り出した約5000本の竹を使い、スロープの上に小豆島の特産品オリーブの実をモチーフに大小二つのオブジェを作っている。高さ約15メートル、内部の床は楕円(だえん)形。床には棚田をイメージした3段の段差を設け、一番内側に腰を下ろすと、周囲に広がる棚田「中山の千枚田」の景観を眺めることができる。お披露目会に参加した地元住民らは、竹の間から優しく差し込む光を浴びながらゆったりとした時の流れを楽しんでいた。

 王さんは「みんな忙しく自分の声を聞く時間がない。この空間に入り、寝転び、耳を澄ませ、もういちど自分自身を見つめ直すことで心の声も聞こえてくる」と説明した。


//////

香川 瀬戸内国際芸術祭が開幕

 瀬戸内海に浮かぶ香川、岡山両県の島々を現代アートで彩る「瀬戸内国際芸術祭
 2016」が20日、開幕した。3回目の今回は、34の国と地域から計226組のアーティストが参加。春、夏、秋の3シーズン計108日間の会期中、才気あふれるアーティストたちの個性豊かな作品が観光客を楽しませる。
 2010、13年に続く今回は、12の島と2つの港が舞台。春会期は4月17日までで、香川側が直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、沙弥島、高松港の8会場、岡山側が岡山市・犬島、玉野市宇野港の2会場。各会場とも見どころ満載で、このうち豊島では芸術祭初参加の世界的アーティストのスプツニ子!さんが、神話と科学の融合を試みる「豊島八百万(やおよろず)ラボ」を展開する。
 初日は高松市のサンポート高松で午前10時半から開会式が開かれ、アーティストや各国大使館の関係者ら約500人が出席。あいさつで、実行委員会会長の浜田恵造香川県知事は「すばらしい作品と瀬戸内海の自然、文化を堪能してください」と呼び掛け、総合プロデューサーの福武總一郎氏が「アートがいかに地域を元気づけるかを、瀬戸内海から発信したい」と意気込みを語った。


//////
参考

//////

香川 瀬戸内国際芸術祭、高松港で108日間の幕開け

瀬戸内海の島々を舞台にした現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭2016」が20日、開幕した。

 春季(4月17日まで)、夏季(7月18日-9月4日)、秋季(10月8日-11月6日)に分けて計108日間、作品展示やダンスなどのイベントが行われる。

 3年に1度開催。3回目の今回は、12の島々と高松港(高松市)、宇野港(岡山県玉野市)で、「地域文化の独自性発信」などをテーマに34か国・地域から226組の作家が参加。ファッションデザイナーのコシノジュンコさんも出品する。

 高松港で開かれた開会式では、南方から漂着した植物の種をモチーフにした作品「国境を越えて・海」(高さ10メートル)などを前に、獅子舞や太鼓、三味線のパフォーマンスが披露された。
/////
参考
/////
現代アート 発想多彩に

 ◇瀬戸内芸術祭が開幕


 「瀬戸内国際芸術祭2016」が開幕した20日、各会場ではオープニングイベントが開かれ、心待ちにしていた大勢の観光客らで終日、にぎわった。

 高松市の高松港で午前10時半から開かれた開会式には、作品を出展する作家や実行委員会の関係者ら約500人が出席。総合ディレクターの北川フラムさんは「今や地域づくりの希望として海外からも注目されるようになっている。お遍路の『お接待』の文化を生かし、県外や外国の観光客をもてなしましょう」と呼びかけた。

 玉野市の宇野港では午後2時からオープニングセレモニーがあり、市立玉野商業、県立玉野、県立玉野光南の3高校の生徒会長が開会を宣言。各校の吹奏楽部員が人気アニメ「ワンピース」の主題歌など3曲を演奏し、会場を盛り上げた。

 市民ら約90人で結成したタップダンスグループ「玉野SEA達歩団」が青空の下、瀬戸内海の島々を背景にパフォーマンスを披露。息のあったダンスで軽快にステップを踏む姿に、来場者が盛んな拍手を送った。

 同港には、2010年の第1回芸術祭から展示され、「お色直し」を終えた魚のオブジェ「宇野のチヌ」のほか、放置自転車のフレームに装飾を施して現代アートにし、貸し出しも行う立体作品「終点の先へ」といった作品が並んでいる。

 また、缶バッジやTシャツなど公式ロゴグッズのほか、11人のデザイナーが瀬戸内の島々や魚をあしらった11種類のてぬぐいなどオリジナルグッズも完成。宇野港や高松港(高松市)、宮浦港(香川県直島町)にある公式ショップなどで販売している。

 問い合わせは総合インフォメーション(087・813・2244)。
//////

香川 瀬戸芸のアート求めファン続々

瀬戸芸のアート求めファン続々

20日開幕した「瀬戸内国際芸術祭2016」は好天に恵まれた連休の中日とあり、地元岡山、香川県はもちろん、国内外のアートファンらが会場の島々へ続々繰り出した。豊かな自然の中にアート作品が点在するさまは、さながら現代の“桃源郷”。島の人たちの温かい人情に触れながら、ゆったりしたひとときを満喫した。
 3回目を迎え、知名度が浸透した今回は初日から、各会場は大にぎわい。岡山市・犬島では、宝伝港を午前11時に出る定期船(定員80人)に約200人が並び、ピストン輸送状態に。船が入港するたび、地元の山南中吹奏楽部19人が演奏で盛り上げ、町内会の女性たちが手作りの紅・白・よもぎもちを配って歓迎した。メンバーの女性(69)は「回を重ね飽きられないか心配したが、前回より人が多い印象。いろんな人に出会うのが楽しみ」と顔をほころばせた。
 玉野市・宇野港では、市民ら約90人が海を背景にタップダンスを披露。岡山県西粟倉村から参加した会社員男性(28)は「いろんな島が一つになる芸術祭。力を合わせればいいパフォーマンスができることを証明したい」と力を込めた。
 島に渡った人たちは早速、お目当ての作品へ向かった。初めて犬島を訪れた大阪府吹田市の会社員男性(29)は「アートが島の自然や生活に溶け込んでいた。こんな地域で暮らすのはどんな気分だろう」。“現代アートの聖地”直島(香川県直島町)は、外国人の姿も目立った。中国から訪れた観光客(28)は、宮浦港のランドマーク「赤かぼちゃ」前で記念撮影。「東京や大阪のショッピングも魅力だけど、これは心に残る体験。日本のイメージが変わった」と声を弾ませた。
 予想を超える人出に一部で混乱も。世界的アーティスト・スプツニ子!さんの新作などで注目される豊島(香川県土庄町)は、宇野港との間の旅客船が定員を超え、行き先を変更したり、後続を待つ人が続出。豊島美術館も一時、百数十人の列ができた。女木島(高松市)から高松港へ向かうフェリー(定員250人)の最終便は約120人が積み残され、臨時便を出した。
 瀬戸内国際芸術祭実行委は「島から帰れない人が出ないよう、万全の対応をしていく」としている。

/////

島巡りのお供に特製弁当はいかが? 瀬戸内国際芸術祭向け

20日開幕の「瀬戸内国際芸術祭2016」の会場となる岡山県玉野市の宇野港で、地元食材を使った期間限定の弁当を販売。同港は同芸術祭で、直島など香川県の会場への本州側の起点となり、企画した同市のスイーツ専門店「おまち堂 宇野港店」は「船旅のお供にもどうぞ」とPRしている。

 弁当は土・日曜に販売される「うのののり弁」(760円)と、木・金曜に販売される「SAMURAIおむすび」(400円)の2種類。いずれもご飯は同市が空き農地対策で栽培している雑穀入り。

 「うのののり弁」は、ご飯をイチゴのピューレでほんのり赤く染め、地元産シタビラメのフライや焼きのりなどが入る。季節の野菜のソテーや漬物、ハッサクのあんを使ったおはぎなども付け合わせている。

 「SAMURAIおむすび」は焼きアナゴ、大豆入りの2個入り。

 弁当は同店の武田万実店長(39)が「島嶼(とうしょ)部の会場には飲食店数も限られ、その補完に役立てば」と発案。市と相談して「玉野らしさを出すには」と内容に工夫をこらした。

 取り扱い先の一つ宇野港のインフォメーションセンターに勤める八谷澪さん(24)は「色彩バランスが良く、いかにも芸術祭向け。しっかりお客さまにお勧めしたい」と太鼓判を押していた。

 弁当は同店やJR宇野駅で販売される。問い合わせは同店(080・1914・0301)。


//////
参考
//////

このページのトップヘ